ここ最近、寒暖の差がとても激しいですね。

寒さの苦手な私は、早く春になってくれないかと祈るような思いです。。

 

私と同じく、寒さが苦手なmokune部屋の植物たち。

春の訪れを感じたのか、最近ハツラツとしてきました。

そんなかわいい我が子のように成長する植物ちゃん達を、少し紹介。

160223_3

ディスキディア

 

ぷっくり葉っぱのツタの垂れる姿が、なんともステキな観葉植物です。

寒さに弱いとのこだったので、越冬できないかと心配しておりましたが、頑張って必死にもがいて耐えてくれました!

ミリオンハートという愛称でも親しまれていますね。

幸せいっぱいの名前です。

 

 

160223_2

ウスネオイデス

 

こちらは最近インテリアショップ等でもよく見かけるお馴染みさん。

水を1ヶ月に1度程度あげるだけ。あとは放置プレイ!

それでも元気に育ってくれるので、エアープランツは本当に育てやすいです。

お水をあげるときは“ソーキング”といって4~6時間室温と同じ温度の水に浸してやります。

昼間は気孔が閉じているため、ソーキングしても意味がありません。

ソーキングの時間は、気孔が開く夜にするのがポイント。

気分によっていろんな所に吊り下げていますが、いまは木で作ったお星さまに付けて、流れ星のようにして飾っています。

 

 

160223_4

チランジア

 

なんだかヒノキ風呂にでも浸かっているかのような姿ですが。

お察しの通り、この子、吊るされています。

 

▽全貌

160223_1

エアープランツは置いてはおくだけでもかわいいのですが、吊るしてみたい欲も出てきてしま

い、このような空中お風呂が誕生した次第です。

このアイテムがあることで、今まで踏みつけられそうになっていたエアープランツ達も無事に

救出することができると思います。

皮紐との組み合わせがとてもオシャレです。

春のイベントにもぶらぶら吊れて、ではなくて、連れていきますので、ぜひご覧ください。