mokuneの木工ワークショップ第一弾。

今回のテーマはお箸づくり

タイトルは『手塩にかけてお箸を作るワークショップ』です。

何とも渋いタイトルですが。笑

いびつな形でも左右対称でなくても、お箸になればいいのです。木に触れて、手間ひまかけて作っていただくことが大事!できあがりを手にするとそれはそれは愛着がわきます。

実際に私も作りましたが、こんなにお箸を愛おしく感じたのは初めてのことです!

皆さんも是非この楽しさを味わってくださいね。

 

ワークショップの内容を簡単にご説明。

お箸作りのまずはじめは材料選びからです。

色も柄も違う、様々な種類の木材からお好きなものをお選びいただきます。

同じ木でも木目の出方ひとつで表情が変わります。いろいろな角度からじっくり見て選んでくださいね。

 

材料選びが終わるといよいよここからは削り出しです。

ホビーかんなという小さなかんなで角をおおまかに削ります。

 

小さくても切れ味は抜群。シュッシュッと削れる感触が気持ちよく、ついつい削るのに夢中になってしまいます。

 

削る際には冶具(じぐ)という職人がものづくりをするのに欠かせない補助の道具を使うので、かんなを使うのが初めての方でも安心して削ることができます。

※お使いいただいたホビーかんなはそのままお持ち帰りいただけます。

 

ある程度削ってから、次に行うのはやすりがけ。

始めは目の粗いやすりを使い、そして細かい目に変えてやすり続けることで、どんどんつるつるに仕上がっていきます。

どんな形にしよう、どんな触り心地にしようと想像を膨らませながら作る楽しい工程です。

既製品にはないオリジナルの形に仕上げるのも手作りならでは。自由に作ってみてくださいね。

 

そして最後の仕上げにくるみの登場です。

くるみをお箸で上手に掴めるか。ではなく、くるみのオイルを抽出してお箸に塗りこみます。

 

口に入れるものだからこそ、化学成分を使わない安心安全の仕上がりで。

オイルで仕上げると塗膜を張らず、木肌を残したしっとりとした質感になります。

下がくるみオイルを塗る前、上がくるみオイルを塗りこんだもの。

ツヤが出て質感がUPしたのが一目瞭然です。

 

この方法はお家にある木のカトラリーのメンテナンスにもお使いいただけるので、是非覚えて帰ってくださいね。

 

『手塩にかけてお箸をつくるワークショップ』

日時:2018年3月21日(水・祝)

①10:00~12:00 ②13:00~15:00 ③16:00~18:00 (3部制)

 

場所:大阪市中央区東心斎橋1丁目11-13 グランドメゾン心斎橋902

心斎橋駅・長堀橋駅徒歩3分

(心斎橋駅2番出口地下街(クリスタ長堀)南6号出口のエスカレーターを上がってすぐ)

 

参加費:2,800円(ホビーかんなプレゼント付)

小学生以上のお子様もご参加いただけます。

 

 

木に触れる心地よさとものづくりの楽しさを一緒に味わえるワークショップ。

怖い堅物の職人はおりませんのでご安心を!当日は笑顔いっぱいの優しい女性職人といっしょに作っていきます。

 

この機会にぜひ、木工体験にお越しください。

ご予約はこちら